超音波パルス法

鋼製防護柵根入れ長測定 超音波パルス法

 

専用探触子(SH波)を支柱側面に密着させ、探触子から支柱先端までの往復時間と

SH波の音速から距離を測定する。

測定要領

キャリブレーション ◎キャリブレーション

打ち込み前のガートパイプを使用し、音速、パルス位置、測定範囲を調整。
 測定状況 ◎測定状況

温度により、専用接触媒質を選定し、測定開始。 触媒質は粘性が高く測定にはやや時間が必要。
お電話でのお問い合わせ
TEL 0225-83-5281
お問い合わせ
Copy right ©2014 n - web All RightS Reserved.