コンクリート強度測定 測定機器


衝撃弾性波試験

iTECS法

 iTECS-6

iTECS-6

特 徴

鋼球・インパクターによる打撃で衝撃弾性波を発生させ、加速度センサーで受信し、振動波形を記録する。記録した波形を解析し、コンクリート強度測定のみではなく、コンクリート中の様々な情報検出に応用できる。

衝撃弾性波試験

表面2点法

聴強器

聴強器

iTECS法と同様に衝撃弾性波試験であるが、センサー間隔、打撃位置を一定の位置で使用するため測定が容易である。ただ、コンクリート強度測定に特化した装置であるため、他の測定に応用することは難しい。
超音波法  Tico

Tico

センサー間の伝搬速度(時間)を測定するだけのシンプルな装置であるが、接触媒質を使用するため、測定に時間かがかかる
お電話でのお問い合わせ
TEL 0225-83-5281
お問い合わせ
Copy right ©2014 n - web All RightS Reserved.